オレンジライフ〜麻雀Mリーグを追う〜

麻雀Mリーグを思いっきり精査します。あとマンガ。

麻雀Mリーグ 2020/3/29 1戦目 下位3チームの邂逅

今や日本の経済の80%を支えていると言っても過言ではない(大嘘)Mリーグが放映されず、ファンの心にポッカリ穴を開けてしまう「Mリーグロス」。

当ブログはあくまでMリーグの戦術を分析していく事を目的にしているとはいえ、少しでも皆さんのMリーグロスを解消できれば幸いです。

 

メンツはこちら

f:id:natsumikan_toaru:20200404160136j:plain

f:id:natsumikan_toaru:20200404160142j:plain

 

セミファイナル進出をかけた下位3チームのぶつかり合いです。

 

東1局 0本場 親 佐々木

f:id:natsumikan_toaru:20200404160739j:plain

セレブにリーチ。

セレブ基準で言えばそんなに嬉しくないリーチですが、ダマにする意味は皆無。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404160746j:plain

終盤で白を掴む内川プロ。

そこそこ良い形ではあるように見えますが、実は愚形テンパイ確定の1シャンテン。本来押すには根拠が乏しい手ですが、白1枚押すくらいなら許されるか?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404161144j:plain

んなわけねーだろ、と現物切り。

押し引き的には絶対に正解でしょう。

ただ、同じく現物の六筒切りの方が粘れるルートがありそうかも?

 

東2局 0本場 親 内川

f:id:natsumikan_toaru:20200404161439j:plain

内川プロ。何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404161514j:plain

二筒は切らずにソーズのペンチャン外し。

二筒は場況的にハナマルの牌。くっつき牌として有力。採用します。

このままソーズのペンチャンを残して進行してもリーのみ濃厚なので、手牌の価値を上げる作業がどこかで必要になります。それは早い方がいい。

たまに内川プロは「愚形払いたい病」に感染しかけているように見えることがあるのですが、このペンチャン払いはOKに思います。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404161519j:plain

黒沢プロにテンパイ。

じゃ、ないよねこんなの。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404162233j:plain

当然のダマ。

とはいえ変化も皆無なので即リーも候補には入るか?

ただマンズの下の場況は良くないです。

ダマでこの局はおやすみ半分か。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404165929j:plain

このシーズンの雷電の生命線。

いつも通りに見えてこの半荘にどれだけの思いをかけているのか…。 

東3局 0本場 親 黒沢

f:id:natsumikan_toaru:20200404162710j:plain

黒沢プロ。何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404162825j:plain789の三色は見切らないので八萬は切らず。

それでも七筒切れば1シャンテンは取れるが、七筒はイーペーコーのタネ。

この巡目ならば慌ててノミ手ルートを広げるよりは、こちらの方が良いか。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404163938j:plain

佐々木プロにチャンス手。

何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404163941j:plain

五筒切り!

カン三筒の受け入れを蹴ってでもドラ西を使ってやろうという1打。

ドラ単騎も覚悟の上でしょう。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404164228j:plain

船長。

五萬五萬五萬横鳴いて中バックのテンパイ。

どこまでも押せる手ではないです。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404164340j:plain

二筒を重ねて魔王リーチ慣行。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404164436p:plain

黒沢プロ。

四萬五萬が3枚見えで三萬危ないか…?

かたち的には切りたい牌です。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404164630j:plain

現物切り!

九筒七筒のワンチャンスなので押し気味に行くのかと思いましたが完全なオリ。

親番でこの判断ができるとは…。

勝ちたい半荘のはずですが、理想と現実を良く理解しております。これがセレブです。

僕だったらリーチに四萬がやや早いので三萬切るかも…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200404165033p:plain

魔王の一発ツモ炸裂。

コナミのエースがやってくれます。

 

下位3チームの殴り合い。

ドラマ待つオーラスまでまだまだあるよ…。

 

 

アベマプレミアムでいつの対局も!

AbemaTVの公式サイトはこちらから  

 


麻雀ランキング  ←よければクリックお願いします!

 

 

 

夕餉はギャンブルのあとで (飯テロ)

(本記事の内容は全てフィクションです)

 

裏社会で大金を回す仕事。

闇カジノ。

非合法ながらもそこにいる人間は一般人と同じように何かを背負い、何かのために働いています。

時には「辞めてやる!」となることもあります。

当然です。

同じ人間ですから。

それでもプライドがあるから。

この世界で生き残ってきた、今までの積み重ねと努力があるから。

危ない橋を渡り続けながらもこの世界で生き続ける。

生き続けられる。

 

そこにビールとうまいメシがあるのなら!

 

f:id:natsumikan_toaru:20200329142200j:plain

 

f:id:natsumikan_toaru:20200329142449j:plain

 

主人公のハルイチは闇カジノを仕切るディーラー。

社長のエンディら仲間とともに、非合法の日常の中で生き残り続けている裏の住人。

それでもギャンブルという仕事には常にリスクが付き纏います。

店単位での負け、警察やヤクザの介入。

そんな綱渡りの生活の中、支えてくれるのは仕事終わりのささやかなひととき。

f:id:natsumikan_toaru:20200329143028j:plain

 

ハルイチという人間はディーラーとしての腕は本物ながら、性根はやはりギャンブラー。ディーラーだけやってれば金は溜まっていくでしょうに、他のギャンブルで盛大に金をつぎ込んでいる、どこにでもいそうなどうしようもない男です。

f:id:natsumikan_toaru:20200329143325j:plain

 

ただ、そんなことはどうでもいい。

勝とうが負けようが明日は来るのだから、ウジウジしていても仕方がない。

明日の事はまた明日考えるとして、ひとまずは今日も生き残ったお祝いに、その辺のお店で一杯ひっかけよう。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200329143801j:plain

 

f:id:natsumikan_toaru:20200329143849j:plain

 

カジノの仕切りとして、バクチ打ちとして、何百万何千万という大金を動かす傍らで、数千円で人に幸せと笑顔を与えてくれるその辺にある居酒屋や飲食店に通うハルイチ

この絶妙なバランスこそが毎日を乗り切るために必要な事。

 

大金を得られるものの、人の人生すら左右する裏の世界。

小さな額しか動かないものの、人に安らぎを与えんとする表の世界。

 

両方の施しを感受しながら、今日もハルイチは金を回します。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200329144626j:plain

 

誰だって同じです。

仕事で疲れているそこのあなた。

ハルイチのようにうまいメシとビールで今日という日を締めましょう!


クリックで試し読み!

 

夕餉はギャンブルのあとで (ゴラクコミックス) [ 森 遊作 ]

価格:652円
(2020/3/29 14:53時点)
感想(0件)

 

夕餉はギャンブルのあとで 1

夕餉はギャンブルのあとで 1

 

 

 
漫画・コミックランキング

とある科学の未元物質(2)

f:id:natsumikan_toaru:20200328221216j:plain

 

人物紹介とともに、ほんの少しでも「とあるシリーズ」の紹介になればと。

 

垣根帝督

f:id:natsumikan_toaru:20200329101357j:plain

園都市総人口230万人の内、能力者の中でもたった7人しかいない頂点に君臨する存在、レベル5。その第2位。

能力名は「未元物質(ダークマター)」。

この世に存在しない、全く新しい素粒子を生み出す。

その物質は通常の物理法則に従わない現象を起こさせる。それらの現象を支配、理解できるのは使い手である垣根本人のみであり、ほぼ対策不能の絶対的能力といえる。

同じ「能力」で太刀打ちできるのは第1位以外いないでしょう。

 

園都市暗部組織「スクール」のリーダー格。

「スクール」を始めとする暗部組織は、学園都市上層部からの指令を受け行動する「始末屋」のような存在なのですが、この「スクール」は今までどの「とある作品」でも、指令を受けて行動する描写が無い(見落としてるだけかもしれませんが)です。

彼の目的は学園都市統括理事会理事長への直接交渉権を得ること。

そのために自分が第1位よりも有益な存在であると証明する必要があり、第1位を倒すため、その能力の詳細情報を欲します。

それを持っている杠林檎(ゆずりはりんご)を探し、彼女から第1位のデータを引き出そうというところから物語は始まります。

 

スクール構成員

左から

獄彩海美(ごくさいかいび)、誉望万化(よぼうばんか)、弓箭猟虎(ゆみやらっこ)

f:id:natsumikan_toaru:20200329101407j:plain

スクールのメンバー。

獄彩海美は「心理定規(メジャーハート)」という能力を持つ。

人の心の距離を操る。相手が誰であろうが親密な心理的距離に調節すれば、自分に手出しできなくなる(例外もあるらしいが)。

これを利用して尋問など情報収集で活躍するが、意外に銃火器の扱いにも長け、前線に立つこともある。

 

誉望万化はレベル4の「念動能力(サイコキネシス)」の使い手。

非常に応用力がある能力で、戦闘はもちろんのこと、頭につけた特殊ゴーグルを介することで電子機器に干渉し、情報の分析や抜き取りなどもこなせる。

並の能力者に比べれば遥かに有能で強力であるはずですが、かつて垣根に下克上を臨んで返り討ちにあっており、その時余程ひどい目に遭わされたらしくトラウマになっているよう。

 

弓箭猟虎は「スクール」のスナイパー。

特殊な飛び道具を扱い、獲物を痛ぶりながら仕留める趣味がある陰気な実力者。

今回は出番ない。

 

杠林檎(ゆずりはりんご)

f:id:natsumikan_toaru:20200329101416j:plain

「暗闇の五月計画」の被験者。

第1位の思考や演算パターンの一部を植え付けられている。そのため垣根に目をつけられた。

自身の能力はレベル1程度の「念動能力」だが、特定の状況下で出力が上がる。

以前から垣根帝督の存在を知っていた節があり、彼の能力で発現する翼を見て「きれい」だと目を輝かせる。

「学園都市暗部の数え切れないほどの悲劇のうちの1つ」を経験しており、深い闇を抱えている。

 

黒夜海鳥(くろよるうみどり)

f:id:natsumikan_toaru:20200329101426j:plain

レベル4「窒素爆槍(ボンバーランス)」の能力者。

林檎と同じく「暗闇の五月計画」の被験者。第1位の「攻撃性」を根強く受け継いでいる。

それが高じた為かは分からないが、研究所で暴れ、本研究を壊滅させた張本人。

同じ被験者の林檎に興味があるようで、突っかかってくるが垣根に黙らせられてしまう。

この時にリアルのレベル5の力を目の当たりにし、それに打ち勝つための方法を模索するようになる。

 

DA(アラウズ)

f:id:natsumikan_toaru:20200329101428j:plain

園都市治安維持部隊「警備員(アンチスキル)」のはみ出しもの。

過度な「正義」のためにその場を追われた者たちの集まり。

高い技術や強力な武器を所持しているものの、毎度毎度相手が悪く(第1位、第2位、暗部戦闘特化能力者チーム、完全なゴレムを求めるネクロマンサー)、作中ではもはや かませ1級認定。

あと、毎回誰かに使われる。

 

木原相似

f:id:natsumikan_toaru:20200329101434j:plain

園都市の研究者一族「木原」の1人。

自分の研究のためなら手段を選ばない「木原」。

今回登場する木原相似もまた、ある目的のために林檎を手に入れるため、「スクール」に真正面からケンカを売る。

第1位の能力開発を手掛けた木原数多と繋がりがある。

相似の本職はサイボーグ。あるものを「代替」させることにこだわりがある。

今回、彼が作りたい「代替物」は…。

 

 

紹介は以上。

今作は時系列でいえば「とある」のかなり序盤の出来事です。

なので「それから」の「とある」に影響を与えている要素がいくつか見られ、「とある」を知っている人からすればテンション上がること間違いなし。

 

ぜひ1度、読んでみて!

 

ebookで読もう!クリック!

 

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の未元物質 (電撃コミックスNEXT) [ 鎌池 和馬 ]

価格:715円
(2020/3/28 23:06時点)
感想(0件)

 

 

 
漫画・コミックランキング

とある科学の未元物質

言ったことがありませんが、僕は、

とあるシリーズの大ファンです。

 

市販されているラノベ、コミックは全部読了していて、スマホゲームの「とある魔術の禁書目録 幻想収束」もかなりやってます。

アニメも全部見ました。

 

でも、このブログでは一度も取り上げたことはありません。なぜか。

 

僕はとあるシリーズの書籍は、必ず紙の本で買うと決めているからです。

電子書籍ではなく。

 

なのでスクショを撮ることができず、画像が不鮮明になるからやめとこうかと思っていたのです。

 

しかし、2020年3月27日、スピンオフ作品「とある科学の未元物質」単行本が発売。

当然読みました。

 

神でした。相変わらず。

 

で、どうやら単行本は1巻で完結のよう。

 

ならば、それだけの量ならば。

 

やるしかねえわ。

いちとあるファンとして、せめて1回はこのブログに載せねばならんのよな!

 

(今回の内容は、体裁など考えず、いちとあるファンの純然たる感想を書き殴ったものであり、とあるファン以外の方には理解しにくい内容となっていることをご了承ください。)

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328221216j:plain

主人公は学園都市第2位の垣根帝督。

今まで第3位の御坂美琴、第1位の一方通行、第5位の食蜂とそのパートナーが主人公の作品が生まれてきましたが、まさか垣根が主人公の作品を出してくるとは。

どんだけ鎌池先生は引き出しがあるの?

神なの?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328221810j:plain

垣根帝督、そしてヒロイン杠林檎(ゆずりはりんご)。

相変わらずのイケメンっぷりのていとくん。

そして林檎の可愛さと言ったらないですわ。

 

垣根の目的は学園都市トップへの直接交渉権の獲得。

そのために第1位の撃破を目論んでおり、その攻略として第1位の思考パターンや演算方法を得るため、「暗闇の五月計画」にてそれらの一部を植え付けられた林檎に接触を図ります。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328222542j:plain

うおおおお…。

「スクール」のメンツが揃った画もあんまりないからなあ。

これを見るだけでも買った甲斐がありますよホント。

 

園都市暗部の「スクール」レベルのチームには、「グループ」や「アイテム」があります。

「グループ」はかなりお互いにドゲトゲしてて、「アイテム」は女の子の集まりで、友達っぽい雰囲気でした。

「スクール」はその中間くらいかな?

お互いにそれなりの仲間意識はありそうに見えるし、だからと言って馴れ合う様子もないです。

垣根は多少他の2人を人使い荒く命令を出すこともありますが、働いた仲間に「ご苦労さん」と言っているシーンがかなり衝撃的で、好きです。

垣根は善人ではないのはわかり切っていることですが、鬼畜ではない。

それを如実に語っています。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328223149j:plain

垣根が普段どんな店で何を食べているのか。

それが垣間見えるシーン。

良いですねぇこういうの。

レベル5、暗部。

化物としての一面しかしらない読者にとっては新鮮な光景のはずです。

そして林檎が可愛過ぎる。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328223502j:plain

とある科学の一方通行」で登場したDAが林檎を襲います。

時系列的に「あっち」の事件と同時期の模様。

「こっち」のDAは正しくはDAアラウズという別働隊?らしいです。

林檎を狙う以上、垣根と敵対することになります。

ってことはこいつら、同時期に第1位と第2位の両方にケンカ売ったってことか。

死にたいんかね?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328223930j:plain

DAに殴られ、スイッチが入ったのか。

第1位の思考を植え付けられた林檎が、その片鱗を見せます。

とはいえこれは変わりすぎでしょう。

同じ「暗闇の五月計画」被験者の黒夜海鳥や絹旗最愛がこういう風な喋り方になる時もありましたが、彼女らは元々好戦的な態度を示す時もあったためか、ここまでの変わりようではなかった。

普段大人しい林檎がここまで変わってしまう。

園都市のイカレタ研究の影が見えます。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328224349j:plain

イケメン…。

イケメンすぎる…。

あくまで林檎は垣根にとってデータを得るための情報源に過ぎませんが、それでも守られる立場の林檎からしたら惚れてまうわこんなん。

で、可愛いんだなぁ林檎ぉ…。

インデックスや打ち止めとは違う、この奥ゆかしい純粋さ。

暗部の衝突の中でも彼女だけは違う世界の人間のように見えます…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328224836j:plain

f:id:natsumikan_toaru:20200328224858j:plain

黒夜海鳥。

木原。

 

園都市暗部にどっぷり浸かった闇たちもまた、林檎に目を向けます。

 

間違いなくロクでもないことが林檎に襲いくる。

 

垣根帝督や「スクール」メンバーは、林檎を守り切ることができるのか。

そして垣根は一方通行の演算パターンなど情報を得ることができるのか。

 

 

続きます。

もう1記事書かせてください。

愛が止まらないよ…。

 

ebookで読もう!クリック!

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の未元物質 (電撃コミックスNEXT) [ 鎌池 和馬 ]

価格:715円
(2020/3/28 23:06時点)
感想(0件)

 

 


漫画・コミックランキング 

もしMリーグチームを作るなら

この記事の投稿日はセミファイナル最終日。書いてる日は3/29。

僕はリアルタイムで見れているのか…。

 

試合結果は気になりますが座して待つしかない。

 

さて、Mリーグの区切りという意味で少し変わった内容で書きたいと思います。

 

You Tubeの麻雀遊戯王さんのやってる「Mリーグチームを作ろう!」の企画。

あれやってみましょう。

なんでかって?

 

Mリーグゆっくり見る暇がなく、記事にする暇もないからですやん(泣

 


【Mつく】Mリーグチームを作ろう![ゲストプロ:多井隆晴]

 

Mリーガーを選ぶとなると、個人的には実力主義で選びたいところですが、ファンに愛される人気者を選ぶ価値も大きいことは理解しています。

そこも考えると、「いい人3,4人」選ぶよりも、「いい組み合わせの3,4人」を選ぶ方がチームカラーも具体化して良いのではないでしょうか…?

と考えましたが、ダメですわ。

既に僕の中で3人は決まってしまってます

実は僕は、前年度の2018シリーズが終わった段階で、「もし次の8チーム目が生まれるとしたら、あの人だよなぁ」という妄想をしていた時期があります。

その人物が合計4名。

その中に、あの沢崎プロが含まれているのです。

なので残る3名。

その3名はどうしても外せません。

 

なので、もうその3人で良いやとなりました。

ε=\__〇_ ズコー

 

ではドラフト第1位から行きます。

 

第1位

朝倉ゆかり(日本プロ麻雀協会

正直、2019シリーズでチーム増加に人数増加があった時、「なんでこの人を誰も選ばないんや。正気かこいつら」と思ったものです。

雀風は門前型で守備と読みが鋭い感じ。

打点意識も結構ある方だと思います。

Mリーグ環境は スピード<打点 といった感じだし、朝倉プロの麻雀は合ってるんじゃないの?って思うんですがどうですかね?

あの多井プロも太鼓判を押していた方です。

少なくともチームの足を引っ張るような事は無いように思います。

ビジュアルもお美しいし、ホントになんで誰も選ばないのか。

 

第2位

渋川難波(日本プロ麻雀協会

「魔神の読み」で麻雀の深さに気づいた若者は数多くいるはずです。

麻雀 魔神の読みマイナビ麻雀BOOKS【電子書籍】[ 渋川 難波 ]

価格:1,257円
(2020/3/29 15:40時点)
感想(0件)

あれを読んでからずっと、渋川プロは僕にとっては特別なプロです。

あの人がいたからネトマ天鳳も注目度が上がったし、天鳳産のプロにも一定の付加価値が付くようになったのではないでしょうか?

その場その場の対応力、最も適した打牌を選び続ける姿はまさに魔神。

もう出てきて良いでしょうよこの男は。

あの時の天才児が成熟した姿を見せつけてやりましょうよ!

 

でも、ウヒョ助先生も言ってたけど、Mリーグ出るようになったからって「鉄鳴きの麒麟児」から外れるのは嫌ですからね。

鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(1)【電子書籍】[ 塚脇永久 ]

価格:715円
(2020/3/29 15:47時点)
感想(0件)

 

 

第3位

松ヶ瀬隆弥(RMU)

 でしょうよ。

この人も出るべきでしょうよ。

いつかの麻雀駅伝であの多井隆晴から最終戦を任された男です。

あの見た目からは想像できないバランスの良い麻雀は、それまでの研鑽の充実度を物語っています。

RMUには多井以外もいるんだぞ。

それを声高らかに宣言してMリーグで暴れる姿を見たいです。

 

うーむ。

良い選手を揃えたはずが「チーム」としてみた場合、このチームは大丈夫なのか?

一人一人のキャラは濃い気がするけど、だからこそ「チーム」にちゃんとなるのか心配になってきたぞ…。

 

 

ちなみに、現Mリーガーから選んで良いなら候補はこんな感じ。

タカハル、コバゴー、ヒサト、茅森、タッキー、アサピン、たろう、ゆかり。

あー。

組み合わせをしっかりしないと小競り合いを起こしそうだなあこのメンツ…。

まとめ役のゆかりプロは必須かもしれん…。

 

というわけで、あとはファイナルを残すのみなはず。

最後まで2019シーズンを楽しみましょう!

 

アベマプレミアムでいつの対局も!

AbemaTVの公式サイトはこちらから  

 


麻雀ランキング  ←よければクリックお願いします!

 

 

麻雀Mリーグ 2020/3/19 2戦目 また見たいこのメンツ

メンツはこちら

f:id:natsumikan_toaru:20200325210025p:plain

この写真がもう好き過ぎる。

 

僕の注目選手たちによるクライマックスです。

 

南3局 0本場 親 松本

f:id:natsumikan_toaru:20200328210309p:plain

石橋プロ、白九筒を軽快に鳴いてこの形。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328210313p:plain

テンパイ、

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328210609p:plain

とらず!

賛成!(ノ°∇°)ノ

良形テンパイなら渋々とったかもしれませんが、そうでなければまだまだマンガンを狙います。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328210317p:plain

一索もポンできて…

  

f:id:natsumikan_toaru:20200328210334p:plain

あっ

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328210342p:plain

拾って…

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328210344p:plain

オラァ!

まごうことなきマンガンテンパイです。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328211051p:plain

もう恐怖しかないわこんなん…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328211055p:plain

沢崎プロ。

テンパイですが…、僕ならとても勝負できません。

ベタオリします。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328211059p:plain

うんそうだよね、テンパイなんかとらなぃ、ん?ん?ん?

七筒って何!?

考えうるのは…、ピンフダマテンを狙っている、とかか?

いやしかし七筒が安全な牌というわけではないよ?

どっちかといえば八萬の方が安全(スジで、アンコだからトイトイにもまず当たらない)だから、そっちからきっといた方が良いのではなかろうか…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328211103p:plain

高宮プロ。流石に切れない東

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328212123p:plain

回る。

f:id:natsumikan_toaru:20200328211122p:plain

重ねおったああああああ…!

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328211126p:plain

現物九萬切って、なんと四暗刻1シャンテン。

f:id:natsumikan_toaru:20200328212711p:plain

流局で、点数状況が…、

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328212818p:plain

なんという接戦。

あんなに派手な打ち合いをしていたのに…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328212830p:plain

無事落ちた点棒を拾ってオーラスです。

 

南4局 1本場 親 石橋

f:id:natsumikan_toaru:20200328213041p:plain

ガリトップ沢崎プロ。仕掛けていきます。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213117p:plain

1シャンテン。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213126p:plain

バッシー入った!八索単騎のチートイ!

ダマでアガっても4800は5100。その程度だと2着になって連荘なら全然安全を買える打点じゃありません。

場況まあまあ良いこの待ちで勝負を決めにいきます。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213144p:plain

んぎゃああああテンパイいいいいい!

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213151p:plain

委ねられたよこの勝負…。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213839p:plain

ここまで押し続けたが…、いよいよか。

四筒切りリーチに打てる牌ではないよ。

オリとけば2着は固いよ。

振り込んだらラスまで行くよ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214020p:plain

それでも押す価値ありと、珍しく長考。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328213155p:plain

バッシーも気が気でない。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214105p:plain

行ったああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

マトモジャナイヨマトモジャナイヨ

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214227p:plain

流局。

まだ続く。

 

南4局 2本場 親 石橋

f:id:natsumikan_toaru:20200328214341p:plain

・・・・、?

なんか見たことあるぞこういう配牌。

natsumikan-toaru.hatenablog.com

 この日のチームメイトに。

 

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214348p:plain

第1打は四萬

目立ちたくはないがホンイツもチートイも逃せない。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214408p:plain

次のこの一筒はどういう意図があるのか…。

二索引いたことでメンツ手が見えるようになったから?

それともホンイツぼかし?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214416p:plain

テンパイ!西単騎即リー!

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328214945p:plain

1シャンテンの松本プロ。

逆転を十分狙える手です。

どうするこの四索。いったん一萬か?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328215005p:plain

もうホント辛そう。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328215011p:plain

カン!

どうせ切れない牌。

最速テンパイを狙います。

 

が、

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328215315p:plain

ツモったあバッシー!

裏をのせて最高のトップ目!

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328215535p:plain

その後もう一押しして決着。

 

素晴らしい対局でした。

また見たいよこのメンツ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328215630p:plain

そしてこのメンツの実況解説もね。

 

……、今回全然精査してねぇや…。

 

 

アベマプレミアムでいつの対局も!

AbemaTVの公式サイトはこちらから  

 


麻雀ランキング  ←よければクリックお願いします!

 

麻雀Mリーグ 2020/3/19 2戦目 このメンツの何切る回答

僕の個人的注目プロの闘牌の続きです。

 

メンツはこちら

f:id:natsumikan_toaru:20200325210025p:plain

 

南1局 0本場 親 沢崎

f:id:natsumikan_toaru:20200328192856p:plain

沢崎プロ。何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328192851p:plain

九萬切り。

ホンイツを念頭にドラ受けも残した一打、というところでしょうか。

沢崎プロらしい打点を見た1打で、僕も概ね同意ですが、トイツ九萬を残しておけば門前テンパイ率は結構上がりそうかなぁと思ったりもします。

ただ、マンガンパーツの東はあんまり切りたくないし、門前指向であれば三筒なんかもっと切りたくないことを考えると、九萬しかないのかも?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328192935p:plain

高宮プロ、何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328192939p:plain

五索

僕は感覚的にタンヤオ確定の打九筒としちゃいそうなんですけど、こっちの方が良形テンパイが望め、三色やピンフも狙えます。

圧倒的に打五索が良さそうですね。形に弱いのもいい加減なんとかしなければ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328192957p:plain

バッシーからドラドラリーチ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328193002p:plain

モッティーからも赤赤リーチ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328193019p:plain

これに対して沢崎プロ。

八萬は石橋プロには通っていますが、松本プロには危険。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328193026p:plain

押し。七萬が3枚見えてワンチャンスです。

うーむ。

何度か書きましたが、僕は2軒リーチにはノーテンから押すことはよっぽどのことがない限りは罪だと思っています。

今回の場合も、実はこの押しは微妙なんじゃないかと思って見ていました。

しかもこの手は打点があるとはいえ2シャンテンです。

アガり切るまでに決着がつく確率の方が高そうに見えます。

東も1枚しか切れておらず(リーチに通ってない)、安全というわけではない。

押すことに価値があるか微妙だと思います。

が、じゃあ何切るんだと言われたら完全アンパイもないし(四索が安全度高いぐらい)、結局八萬が1番良かったです。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328193042p:plain

高宮プロが456三色で瞬間のアガリを狙います。

東はちょっと怖いですが、2軒リーチを潰せる可能性を追うほうが得という判断。

 

荒れるね荒れるねこの対局。

 

南2局 0本場 親 高宮

f:id:natsumikan_toaru:20200328195653p:plain

石橋プロ、何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328195658p:plain

普通に九索

僕なら純チャンの可能性を残して西から行きそうです。やりすぎか?

でも何かしないと愚形リーのみになりますよこれ。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328195705p:plain

沢崎プロ、何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328195701p:plain

よくもまあ簡単にリャンメンターツ切れますよねこのお方。

確かにチートイやホンイツを考えれば四索五索は要りません。

ターツオーバーのことを考えればここを落とすのは確かに合理的です。

 

うん。

よく考えれば合理的なんだよなぁ、なんだかんだ言っても。

(たまに違うけど)

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328195707p:plain

高宮プロ、何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328195708p:plain

北切り。(右端は一萬

これもかっこいい1打ですね。

チャンタ1本に絞る四萬切りもあると思いますが、ターツオーバーだし、五萬赤があるし、黒五萬引きでも789三色で打点は追えます。

ピンフが付く發切りとどっちが良いでしょうかね?

鳴ける分、普通は北切りですかね。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328200732p:plain

松本プロ、何切る?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328200736p:plain

この後の変化を考えれば打一萬が牌効率的には正解でしょうが、打六筒として三色を見ます。

そうだよね。ピンフのみになりそうな最速手順よりも打点だよね。

時と場合によりけりですが。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328201234p:plain

となるとこの三索も…?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328201300p:plain

切る!

これは残しておく手もあるかもせれませんが、なにぶん今はラス目。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328201303p:plain

そう簡単に妥協できる局面ではない。

必死のモッティー

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328201613p:plain

沢崎プロが四筒を持ってきてこの形から三萬切り。(右端は九萬

なんだこれは…。

まだホンイツを狙っていても良いのではないの?

チートイの待ちとしてはエグいですが、別に場況が言い訳でもありません。

受けた?いや、現状四筒は全員に危険牌。各人パラパラとタンヤオ牌が切られているとはいえ、テンパイしているかどうかは…。

さっさと四筒は切っておきたい牌のように思いますが…。

すみません。これは本当に理解不能です。

 

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328202141p:plain

高宮プロが仕上げた!

六萬が早いし、四萬も自分で切っているので、強気のリーチです。

ダマ12000ありますが、マンズの上の場況が悪いのでダマでもアガれる確率は高くなく、むしろオリ打ちしてくれそうな分こっちの方がアガれそうかも?

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328202143p:plain

冷静な表情で、力と計略を見せつけてくれます。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328202313p:plain

松本プロも完成!

追っかけます。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328202148p:plain

これを落とせば連対はかなり厳しくなります。

 

f:id:natsumikan_toaru:20200328202812p:plain

リーチ後のツモがドラ、ドラ、赤、あたり牌て。

アガり以外でも盛り上げちゃった高宮プロ。

「ダマだったら…」というなんの意味もない意見もありそうですが、どう考えてもペン七萬待ちのままの方が得でしょう。

どうせダマでも放銃です。

全く気にするようなことではない。

 

あと1回、続きます! 

 

アベマプレミアムでいつの対局も!

AbemaTVの公式サイトはこちらから  

 


麻雀ランキング  ←よければクリックお願いします!